ご遺族・喪主様用 葬儀の注意点 タイムスケジュール

1.危篤 


危篤時は、誰に連絡したら良いのでしょうか?
あらためて考えてみると連絡先を知らなかったり、知らせる範囲の線引きが難しいことに気がつきます。
慌てない為にも 連絡先(親族・宗教者・葬儀社)把握 メモしておければ


2.ご逝去


施設ごと違いがありますが、ベットを空ける為霊安室への移動や故人の引取りを促されます。
まず
・葬儀社を決め連絡 病院を出れる時間又は病院到着時間確認
・どこへ運ぶか安置先を決める。 自宅又は安置所(当社提携式場等ありますのでご相談下さい。)
・出発時の確認 診断書・遺族様用 車両手配連絡


3.ご安置


病院などから自宅に帰れない場合は?
・当社をはじめ、他の提携安置施設をご案内します。
・色々なプラン・施設用意しております。

病院などから自宅に
ご自宅にどなたかがいらっしゃれば、お布団・安置場所の準備をお願いします。
一般的に北・西枕にお寝かせすることが多いですが、お通夜までの一晩ないし二晩過ごすわけですので、お参り
遺族・縁者様が故人様と一緒に過ごしやすい場所 広さがあればいいかと思います。

•    お部屋やスペースなどの確認 お運びするルートなどを確認します。
•    故人のご安置 シーツの用意やお布団などにお寝かせします。
•    ドライアイスの処置 仏式ならば白装束など衣装をお着せします。
•    お参り道具の設置 お線香などの道具一式を準備してお参りいただきます。
•    宗教者に連絡 故人が自宅に戻ったのでと 仏式ならば枕経いただく(枕経)
 


4.打合せ


●お葬式の打合せを行います。
まず 日程・場所の決定
・     宗教者・遺族相談の上 日程・場所の決定(火葬場・式場等当社にご相談下さい。)
・     診断者 認印(役所届等に 基本親族ならば誰でもよい) 遺影写真またはデータ
・     葬儀社と詳細な見積・打ち合わせ
(日程・場所・葬儀の規模 費用 食事や車の手配等 etc)

お通夜までに 供花・供物の注文・確認

お通夜の食事は?

亡くなったあと 病院から寝台車の要請を聞かれますが、別に病院からの業者使わなくても大丈夫です。
使う際は「自宅まで搬送だけ」と前もって言っても問題ないです。よくトラブルになりますので
葬儀依頼する葬儀社に頼むのが一番いいかもです。(24時間対応致します。)
 

5.お通夜の準備

お通夜前までに 親族でやっておくことは?
祭壇飾りつけから受付の備品まで当社がセッティングします。

•    葬儀社と席順、通夜・葬儀の式の流れなどのご説明 打ち合わせ
•    供花・供物の、名前 順番の確認
•    宗教者とのお迎え ごあいさつ 打合せ(戒名・法名・初七日等の確認 etc)
•    料理、飲物の準備 確認 当社で準備 配膳できます。


6.お通夜


•    お通夜の司会進行 開式から閉式までを当社で進行致します。
料理、飲物 御礼状、返礼品の確認
用意している数量が足りているか 弔問者をみながら対応確認致します。

7.お通夜の後

通夜料理の確認 ・・・料理が足りているか出ているかなどを確認します。
この時にできたら 葬儀の参加人数の確認
精進料理の数量 火葬場に向かう車両の確認
御礼状・返礼品確認
通夜の使用数確認し葬儀の供養品が不足しないかなどを検討します。
弔電・焼香順位の確認 順番 読み仮名 できたらフリガナふっていただく(読み間違いの
葬儀当日棺に納める副葬品の準備確認
愛用品や一緒にお納めする物を確認します。
葬儀の挨拶の確認 喪主または親族の代表者。当社で代行もいたします。

8.葬儀の準備

葬儀後の 後飾り祭壇の確認
葬儀後 お骨・お写真・お位牌などがご自宅等に帰ります。その場所等の確認
通夜の日または 葬儀当日の朝に準備しててもいい
お骨壺・分骨壺 サイズ数量確認

 

 


9.葬儀式前に

当社と最終確認
葬儀式の流れ 葬儀式~出棺~お骨上げ~初七日
弔電の焼香順位確認 弔電・焼香順位を読上げる方のお名前を確認します。
霊柩車、バスなどの車両の確認 人数確認し昨夜の注文数で足りるか確認
御膳、飲物の準備 精進料理などの数量手配確認します。

10.葬儀・告別式

葬儀の司会進行 会葬者案内 誘導 (葬儀社)
お礼場 挨拶
出棺 火葬

11.葬儀の後

葬儀役員 お手伝いの方に挨拶 お見送り
精進上げ前に、親族にお礼ご挨拶
(式後・精進揚げ 時 挨拶は文例またご相談下さい。)

12.お骨上げ・初七日


食事後移動してお骨上げ 初七日になります。参加される方の人数車両確認
お帰りの方のお見送り

お骨上げ(堺市で火葬炉に入ってから約1時間半 多少前後します。)
移動して初七日
初七日 (本来は先にするのですが、関西では親戚が集まった当日繰り上げて初七日することが多い。)
お寺様 お勤め後解散



*    堺斎場の場合 火葬後斎場内で食事できます。移動がなく便利です。
式場も堺斎場ですと 通夜に来てから初七日までできてお勧めです

仏式の一般的な流れで説明しております。各宗派 宗教によって多少変わります。解りやすく説明いたしますので気軽にご相談下さい。